ニュース

第3回福祉教育・ボランティア学習実践交流会を開催しました

教員ブログ

清水ゼミでは福祉教育を研究テーマにしています。このテーマを生かして「福祉教育・ボ
ランティア学習実践交流会」(地域交流センター主催、清水ゼミ主管)を開催しています。
地域の社会福祉協議会との連携を強化し福祉教育・ボランティア学習の実践を交流するとと
もに、静岡福祉大学学生および福祉教育・ボランティア学習関係者の学習の機会を提供する
ことで、それぞれの資質向上を図ることを目的としています。
第3回目になる平成27年2月12日の実践交流会では、藤枝市社会福祉協議会ボランティア
ビューロー職員M氏(新人職員として感じたボランティアセンター・静岡福祉大学の先輩と
して後輩に伝えたいこと)、御前崎市社会福祉協議会職員S氏(「社協のあり方検討委員会」
の協議からみた、今後の福祉教育・ボランティア学習の課題)の報告に続いて、清水ゼミ生
の卒業研究テーマの報告を行いました。M氏は本学の卒業生で卒業生の活躍を聞くことがで
きうれしく思ったところです。またゼミ生にとっても現場の生の声を聞くことができよい刺
激になると思います。
年に1回の実践交流会ですが、これからは地域福祉の現場で活躍する卒業生の実践交流の
場にもしていきたいと思っています。
(福祉心理学科 清水将一)

清水2015①

清水2015②